祈り

父と母の手。
毎日1時間半かけて病院に出かけています。


黒曜石のブレスレットは、祈りがかなうお守り。
きっと叶ったんだ。

自分がこうなったとき、こんな風にできるだろうか、と胸が熱くなる。

延命はしないというのが、家族の結論。
終わりにしたいという体を無理に生かすことは、父の生き方とも違う気がするし、
生きていてくれればという私たちの願いを、父は今叶えてくれているし、

幕を下ろすことは近い。でも、こうやって考える時間を父はくれているし、
まん吉との対面も、一時帰宅もできるということに希望を見出し、

父も頑張ってる。そうなのよ、がんばっているのよ。
私もがんばろっ。

春の夢

父のことがあってから、本当に夜熟睡することがなくて、
朝方2時少し前に起きてまた寝るっていう日々を送っているのだけど、

二度寝の時に必ず夢をみるのね。
わりと現実か夢かわからないような夢を。

少し後遺症は残っているけど、元気に家に戻ってきて、
犬とソファに座って話している父が夢に出てきて、

起きたとき、泣いてた。。。

夢だったんだと起きてまた、泣いた。
私たちが望んだそのままの姿だったから。

どんなに願っても、具現しないものがある。
別れが、そういうものなのかも。

延命をするかしないか。
家族で話し合う日が近づいています。

乗り越えよう。誰もが通る道なのだから。
春の光がまぶしいなぁ・・・





卒業式

去る3月1日、お兄ちゃんの卒業式がありました。

お兄ちゃんとワタシ。
おめでとう~(パチパチ)

チャーちゃんたちの面倒をよく見てくれるやさしいお兄ちゃんです。
チャーは、私の次にお兄ちゃんが大好き。
__ 1

…しわの修整とかしたいけど技術がないわ(@_@;)
いいのよ。ありの~ままの~、姿見せるのよ~(笑)

サッカー少年がそのまま大きくなったお兄ちゃん。
砂だらけの18年でした。
いい友達、かけがえのない仲間ができて本当によかったと思っています。
それがなによりの宝!

あんまり勉強しなかったケドね・・・(笑)
どんな人とも付き合える、やさしい人に育ってくれました。

ありがとう。お礼を言うのはこちらです。
未来に幸あれ!





あなたからつながる未来

仙台に戻ってきましたよ。
あーさん元気です。

4b31994dc06c6f83ddb35e3e2cbf6c1a.jpg


父は、生きています。
生きていますが、
せっかく命がけで乗り越えた肺炎も、免疫性疾患も、
肺炎球菌が原因の脳梗塞で、

動かない体になりました。
せめての救いなのは、本人がもうそのことすら理解できないこと。

ee50297a73a4b0ae406be66a777cbb14.jpg


毎日2回の犬の散歩も。
趣味の畑作業も、買ったばかりのカメラも。
3週間前まで、元気に暮らしていたのに。

手は暖かい。心臓が動いている。目も開いている。
反応はかすかにあるけれど、頭の中はもう赤ちゃんみたいに真っさらなんだね。

私は父を失ったのだな、と思う。
最後に話したのは、園芸の話だったかな。

私の年になると、親を失うことは普通のことで、
みんなが乗り越えてきているのでしょうが、
自分の身が欠けるような、そんな気持ちなのですね。

一緒にいたのは、23年間。
とても厳しい父だったけれど、
うんと幼い頃、ドリちゃんが私の膝に乗るように、
父の膝は私の席だったし、
寒い朝にベッドに入って、いつも私の冷たい足を温めてくれた、あの
お父さんのにおいは好きだったなあ、とか、

時系列に関係なく育った日々を思い出すのですが、
思い出すだけ、懐かしさと後悔が混ざり合って、身動きがとれなくなる。

でも、お父さん。
兄も妹もそれぞれ居場所をもって暮らしているから、心配はしないでね。
「F(私の本名)のところは子が少ない」なんて言ってたけど(えっ(@_@;)!?)
孫9人て、いいじゃない。
今ではなかなかない「孫だくさん」よ。

大好きな仕事だって、やりきったでしょう。
定年後の生活だって、海釣りに旅行に家系図編纂に、充実していたはず。
そして父はまっさらになって、一番安全なところにいる。
70歳。なんて儚いのだろう。

兄妹とは、今の生活を大切にしていこうと、話し合ってきたところ。
母も今は落ち込んでいるけれど、女はタフだもの。
人を大切にする人だから、友達も多い。
きっと前を向いてくれるだろう。

涙は拭かずとも、上を向こう。

そして折鶴を折るように、ひとつひとつ。
思い出を折りたたみながら、先に進むよ。

東京宝塚劇場にいってきました

数週間前・・・・

携帯電話「プるるるる・・・」
画面「実家ママ」

実家の母より、電話がありました。
母「あ、Fさん?(私の本名)元気?」
私「うん、元気よ。どうしたの?」
母「あのね、お父さんの現役時代のお友だちが、宝塚東京公演のチケットをくれるというの。
  Fさん近いから行かない?」
私「(北海道在住の人の近いという感覚・・・)う、うん?」

そしてたくさんのジンギスカンと、なぜか両親が最近ハマっている冷凍餃子と、
チケットが送付され(いくつになっても親ってありがたい)

行ってきました、東京宝塚劇場!
どーん!
images_20150125193053898.jpg

席、SSですよ~。
けっこうなプラチナチケットらしいです。
出張で本拠地っていうんですか、兵庫の方は行ったことがありますが、
東京の劇場は実に20年ぶり。

公演は宙組公演。この方の退団公演でした。
それはもう、もう信じられないくらいの麗人でしたよ。

凰稀かなめさん 宙組主演男役さん
kaname.png

あんなにキレイな人もみたことがないけれど、歌も踊りもすごいというのが
驚きでした。少しハスキーな、ステキな声していました。
あとでよく調べたら、美女の巣窟宝塚歌劇きっての美貌らしい!

でも、すごい訓練をしてきたんだろうなということもうかがえるご様子。
劇団四季みたいなアクロバットはないのですが(全員女性ですものね)
豪華豪華、楽しいショーでしたよ。

演じるだけでなく、歌って魅せて、人を喜ばすなんて一抹の儚さを感じつつ、
その日のうちに東京を後にしました。(あーさん帰ってくるの早いから・・・)
だって、チャーちゃんとドリちゃんが待ってるし!
(愛犬家(*^^)v♪)

上野界隈の特別展覧会くらいしかご縁がない東京(←田舎者)でしたが、
また機会がありましたら(__)
父の旧友の方、本当にありがとうございました。

チャーちゃんとドリちゃんは、優しいお兄ちゃんが見ていてくれました。
お兄ちゃん具合悪いのにごめんね。

帰ってきたらチャーもドリもぴょんぴょんして迎えてくれました!
チャドリ「あーさーん、どこ行ってたの~?」

さ、明日からまた仕事、家事、責任と戦う毎日を頑張ろうっ。
充実の休日でした(#^.^#)

背中痛い・・・(笑)

プロフィール

あーさん

Author:あーさん
仙台市在住のキャバリアオーナー
チャーリー(ブレンハイム♂)
ドリス(トライ♀)
犬とお庭のことなど

チャーリー

ドリス

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR